「能絵の世界」展2017-03-02 12:02

「能絵の世界」フライヤー
このところ国立能楽堂へ行くことが多いので,この「能絵の世界」展は第I期,第II期,第III期ともすべて見ることができました。宇和島伊達家,法政大学能楽研究所,国立能楽堂がそれぞれ所蔵している3種の「能絵鑑(のうえかがみ)」を見比べる展示です。

能の演目の同じ場面を描いたものを並べてあるので,衣装や作り物や動作の微妙なちがいがシロート目にもおもしろい。ほとんど「ウォーリーをさがせ!」です。

3/17(金)まで,国立能楽堂資料展示室,無料。


宇和島伊達家のものでは指面(ゆびめん)が興味深かったのですが,それはこの展示会ではなく,その前の「宇和島伊達家の能楽」展(2016年10月〜12月)の後期展示でした。

どんなものかは,このブログに写真があります(えっ,写真撮ってもいいの?)。
http://blog.makie-museum.com/?eid=1067111

親指ほどの大きさのミニチュアの能面ですが,むかしのお姫様はこれで遊んでいたのでしょう。現代のポケンモンGOと変わりませんね。^^


⭐️⭐️⭐️

クラウドファンディング始め2017-03-13 12:07

クルミドコーヒーのクルミとクルミ割り
話は長くなるのですが……


沖縄の出版社カディブックスのことを知り,1冊買ってみました。手づくりと言ってもいい,おしゃれな本です。

『はしっこに,馬といる』
http://kadibooks.com/home/book/hashikkoniumatoiru/

    👇

普通の書店には置いてないこの本を,荻窪にできた本屋Titleが扱っていると知り,散歩がてら覗いてみました。小さな店ですが,棚を見ていると,あ,これうちにもある,これは処分しちゃったな,という本がけっこうあります。どれも欲しくなる本ばかり。お茶もできます。

本屋Title
http://www.title-books.com

    👇

そのTitleで本づくり協会のフェアとイベントがあるというので出かけてきました(昨年から本づくり協会の会員になっています)。イベントは,店主の辻山良雄さんとクルミド出版・本づくり協会理事の影山知明さんの対談でした。

    👇

対談中,影山さんは西国分寺でクルミドコーヒーを経営しているとの話が出ました。カフェのお客さんの本を作るために出版社を立ち上げ,この先は書店や古書店も始めたい,と夢を語ります。

    👇

まだまだこの近辺のことには疎いので,帰宅してクルミドコーヒーをググってみました。いろいろ評判があるなかで,セキュリテというサイトも出てきました。「マイクロ(少額)投資のプラットフォーム」とあります。クラウドファンディングの一種のようです。クルミドコーヒーが新店舗を始めるにあたって投資を募集しているというのです。

セキュリテ
https://www.securite.jp

    👇

このセキュリテのドップページのサムネイルが並んでいるなかで,「クルミドコーヒーファンド」の隣にあったのが「ベル商品開発成長ファンド レインブーツ編」です。このところベルの靴を愛用している身としては,思わず目を引かれましたね。
https://www.securite.jp/fund/detail/2742

    👇

そして,手続きにちょっと手間取りましたが,「クルミドコーヒーファンド」と「ベル商品開発成長ファンド レインブーツ編」に投資することにしました。どちらも3万円+手数料2400円。

    👇

というのが,なんだかんだと縁がつながって投資家デビューをしたという顛末です。

今日の時点でベルのほうは77%までいったようですが,クルミドコーヒーはまだ48%。このあと目標に達するでしょうか⁉️

⭐️⭐️⭐️