漢字 1-漢字制限の歴史2014-09-22 12:52

日本の漢字システム
「拡張新字体」がよくわからないという話があったので,先日(9/20)のプチゼミ:フォローアップ校正では,漢字について復習をかねてレクチャーしました。それでも(駆け足だったせいもあって)腑に落ちないようなので,こちらに少しずつまとめていきます。

まずは日本の現在の漢字システムの状況です。
図のように,常用漢字(かつての当用漢字),教育漢字,人名用漢字,JIS漢字という4つの規則があります。

明治以降,漢字の扱いをどうするかという検討や議論がなされてきましたが,具体的に制度となったのは1946(昭和21)年の当用漢字が最初です。

5万とも10万ともいわれる数のある漢字を,だれもがすべて読み書きするのはとても無理なことですから,漢字の扱いをどうするかというのはけっきょく漢字をどこまで制限するかということになるわけです。

一時は,いやいやいっそのこと仮名だけにしよう,ローマ字にしよう,エスペラントもあるよ,と,さまざまな提案がなされていました。仮名派のカナモジカイというのはつい最近まで活動していたくらいです(2013年に解散し,任意団体となったとか)。

終戦直後に制定された当用漢字も,「日常使用する漢字の範囲を定めた」制限的なものでした。表外字は使ってはいけない,とまでは規定されてはいないものの,ほぼそうした文脈で使われてきました。

この当用漢字がのちに常用漢字となっていくわけです。

☆☆☆