一箱古本市2014に出店しました2014-05-04 09:46

暑いくらいの陽気だった昨日,谷根千の一箱古本市に出店しました。

一箱古本市2014

処分する本を本棚から出していたときにちょうど一箱古本市の案内があったので,処分するよりは読んでくれる人に渡ったほうがいいと,出店の申込みをしたのでした。

「本の本」のページに画像を載せるために揃えた本が中心なので,ちょっと古めの本たちです。50冊ほど持ち込み1冊100円で販売しました。売れ筋はしっかり売れて,これはねぇという本は残りました(当たり前か ^_^)。1日楽しんで,出店料とビール代が出たので,良しとしましょう。

まあ処分本だけではなんなので,ちょっと惜しいかもというのも混ぜておいたのですが,そのうちの『月の輪書林古書目録』で賞をいただきました。

一箱古本市2014

招き猫と,東京古書組合中央線支部の「古書手帳」がその賞品です。

☆☆☆

『谷根千ちいさなお店散歩』2014-05-16 02:41

『谷根千ちいさなお店散歩』

『谷根千ちいさなお店散歩』
南陀楼綾繁,WAVE出版,2014年


往来堂書店の店先に山積みされていたのを購入しました。

載っているのはタイトルにもあるとおりの小さなお店たちで,どこもちょっとおしゃれなものを扱い,散歩の途中にふらりと寄ることのできる店ばかりです。もう知っている店もあるけれど圧倒的に知らないところが多く,こんどはあっちの路地へも入ってみようかと,楽しみが増えました。

谷根千という土地柄の良さは,身の丈にあった商売をしていることではないでしょうか。古い建物を建て替えるのではなく,古いままにセンスよく改装して使い回しています。どことなくおっとりしていて,散歩をしてものんびりした気分になります。

☆☆☆